スポンサーサイト スポンサー広告

--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

メンズコートの製図と裁断 men

02.24.2016 Trackback:0Comment:0
メンズコートの製作過程、前回からの続きです。

コートのデザインは、ダブルボタンのテーラードカラ―にします。
ピーコートの様でもありますが、裾を長めに、ポケットやステッチを加えて、大人がオンでもオフでも着やすい様にアレンジします。


製図が終わったところです。
くっきりと太い線が型紙となるラインです。
三つのパーツがありますが、左から、前身頃、細腹(脇あたりのパーツ)後ろ身頃です。

ぼんやりとした細い線は原型で、前回主人の体に合わせた型のようなものです。
その原型をコートのデザインに変形させるために、出したり、ひっこめたり、パーツを増やしたりするなど、あちこち操作を行っています。

左上は、ぼんやりした線しかありません。
この辺りは前中心の衿がつく部分です。
衿というのは、平面で書いたものが最終的にどんな形で収まるのかというイメージを掴みにくいです。
体はカーブしていますし、そこに布を沿わせた状態で、しかも折り返して付くからです。
そうなると、平面で描くよりも実際の体に布をあてて形を決める方が、スピーディーにデザイン線を決められます。

ですので、製図は途中のまま布の裁断をたっぷり余裕を持って行い、仮縫い(形を見るために仮に縫い合わせるこ)して試着した状態で線を衿の引いてから、初めて正確な縫い代を取って裁断します。


こちらは袖の製図です。
太い線で外側の大きなパーツ、内側にも小さなパーツが描かれています。
この二つのパーツを縫い合わせることで立体的な袖になります。

シャツなどは袖のパーツは一つで作られていますが、ジャケットやコートになると今回の様に二枚の布で作られています。


製図したものを別のハトロン紙に写し取って型紙にし、布を裁断します。


しるしつけは、”きりじつけ”という手法で行います。
しつけ糸で縫ってしるすのですが、コートが完成した後は残らない様に取ります。まれにミシン糸に巻き込まれて細い繊維が残ったりすることもあるので、目立ちにくい白のしつけ糸にしました。

きりじつけの次は仮縫いです!


インスタグラムもやっています→">
ブログランキングに参加しています。クリックしていただけるとありがたいです。

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

テーマ:ハンドメイド - ジャンル:ライフ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック URL
http://jmaker.blog65.fc2.com/tb.php/292-335f3f96
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。