スポンサーサイト スポンサー広告

--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タータンチェックのメンズシャツを作りました men

06.21.2014 Trackback:0Comment:0

主人のシャツを作りました。
彼の服を作る時、袖山(袖の一番高いところ)を原形(デザインを加える前の、統一された元の服の形)より前に移動させます。

平均的には、欧米人より日本人の方が肩が前に出ているそうです。
主人は日本人の原形よりさらに前に移動させたということは、より背中が丸まった状態なのでしょう。

製図から服を作る時は、原型通り作った物を一旦試着してから本人の体型に合わせて調整します。
その際、服のしわや垂れ具合で原型からどんな補正が必要になるかが分り、それは基本体型と本人の体型のどこが違うかが分るということです。

服を作ることで、知らなかった自分の規格外なパーツを見つけることができます。
恥ずかしいとおっしゃる生徒さんもみえますが、私は全く気にしませんよ。
むしろ服でカバーすることに繋がり、規格外なパーツをより魅力的なシルエットにすることもできます。これは着る人を想定して作るからこそですよね。既製品には無い手作りの魅力です。

ブログランキングに参加しています。クリックしていただけるとありがたいです。

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

テーマ:ハンドメイド - ジャンル:ライフ

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。