FC2ブログ

ジャケットを作りました women

02.20.2016 Trackback:0Comment:0

ジャケットを作りました。


総裏仕立て(全体に裏布を付けた仕立て)で、白いテープを挟んでアクセントにしました。


身頃の裏布はブラック、袖はブラウンのストライプです。
裏布の袖は、手縫いでまつってあります。
伸びにくい裏布も手まつりならいせこむ(布をギャザーにならない塩梅で寄せること)ことが出来て肩先に程良いゆとりが生まれるので、着心地が良くなります。
既製品でここを手まつりするのは難しいので、ミシンで縫ってあります。これも手作りならではですね。


ダブルボタンで、ポケットは片身に2つずつ。




ボタンホールは手縫いでかがりました。技術の必要な作業ですが、機械より柔らかさを保てて、ボタンの付け外しがやりやすくなります。
一番上のボタンは、切り返し線の上にしたので、その縫い目を利用しました。


その裏は、切り込みを入れて窓を開けた感じです。


インスタグラムもやっています→
ブログランキングに参加しています。クリックしていただけるとありがたいです。

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト



ワンピースを作りました women

02.19.2016 Trackback:0Comment:0

ワンピースを作りました。
身頃はメンズ用のサマーウール、袖とウエストのリボンはサテンです。


ウエストで切り返してあります。
身頃にはタックを浮かせ、スカートにはギャザーを寄せてからウエストで縫い合わせました。











インスタグラムもやっています→
ブログランキングに参加しています。クリックしていただけるとありがたいです。

人気ブログランキングへ

テーマ:ハンドメイド - ジャンル:ライフ

スカンツを作りました women

02.18.2016 Trackback:0Comment:0

スカンツを作りました。
パターンは、キュロットスカートの裾を切り開いた(広げた)ものです。


ウエスト部分にはインサイドベルトという硬めの芯を仕込んで、しっかり固定できるようにしてあります。
フレアが多い分重さがあるのですが、固いベルトのお陰でずり下がる心配はありません。
ストレートパンツだと、ウエストは柔らかめに仕上げてあります。ベルトで締めて履く前提だとそれでいいのですが、今回のスカンツは、一見スカートだと思わせる形にしたかったのもあって、普通のパンツとは違う仕立てにしました。


脇寄りに2本のタックと、ポケットがあります。
ポケット口のラインは、ウエストのくびれを強調して体型カバーします。

もう一つ、見えない部分で体型カバーをしているんですが、それがヒップのシルエットと、スカートの角度に効果を出しています。


たまたまデザインの似たスカートがあったので比べてみました。履いているのは両方私です。
左が、既製品で標準的な体型に向けて作られたスカート。
右が、今回作ったスカンツで、私の体型に合わせて補正を加えたもの。

左は、足首がスカートの後方から出ています。フレアが前に集まって、ヒップの扁平さが分ります。
右は、足首はスカートの中央から出ています。フレアは前後均等に広がって、ヒップはキュッと上がって見えます。

後ろスカートのウエストライン中心を下げればヒップアップさせられます。
自在にスタイルを良く見せられるのは、自分で服を作る醍醐味ですよね。

こちらの本を参考にしました。製図や、補正の方法も詳しく解説されています。

改訂版・服飾造形講座〈2〉 スカート・パンツ (文化ファッション大系)

新品価格
¥1,836から
(2016/2/18 23:32時点)


ブログランキングに参加しています。クリックしていただけるとありがたいです。

人気ブログランキングへ

テーマ:ハンドメイド - ジャンル:ライフ

インド綿のシャツを作りました women

02.16.2016 Trackback:0Comment:0

インド綿のシャツを作りました。

機械でなく、人の手で織られた生地だそうです。フェアトレードで購入しました。

洗いざらしのままサラッと着ると気持ちいいです。シルエットに抜け感を出すためには、身幅を広る。肩をドロップさせ、肩幅を延長させた分袖丈はマイナスする。そしてヨーク(肩あたりの布)を普通のシャツより後ろ寄りにするのがポイントです。


細い三つ折りは難しいですが、コツを挙げると
その一、折り線をへらでなぞること。薄手の細い三つ折りは、定規でへらでなぞっておくと、アイロンでいきなり折るよりも歪みにくいのです。
その二、片押さえを使うこと。ミシンで縫う際、普通押さえよりも片押さえにする方が細い三つ折りを見やすいのです。

大きなポケットが、身体を華奢に見せてくれます。

ブログランキングに参加しています。クリックしていただけるとありがたいです。

人気ブログランキングへ

テーマ:ハンドメイド - ジャンル:ライフ

誌上・パターン塾Vol.2を買いました women

02.16.2016 Trackback:0Comment:0
ところで、まるやまはるみ先生監修の、「誌上・パターン塾Vol.2」

誌上・パターン塾 Vol.2 スカート編 (文化出版局MOOKシリーズ)

新品価格
¥1,817から
(2016/2/16 21:13時点)


好評のVol.1がトップス編で、今回のスカート編がvol.2です。待ちわびていた方は多い様で、すでに反響があるようです。
私も発売されることが分った時点で、書店に注文して手に入れました。
一通り読ませていただきましたよ。

レビューするのもおこがましいのですが、素晴らしい本でした。
スカートを作るにあたって思い通りのシルエットにするための方法が、とても分りやすく解説されています。

例えばタックスカート一つ取っても、製図の仕方から始まり、タックの分量、その分量も、ウエストのタックと裾を同寸で切り開いたり、裾の方を少なくしたり、裾を多くしたりしてあります。
また、タックをたたむ方向による印象の違い、そして、そもそもの切り開き前の製図をタイトスカートにしてあったり、長方形にしてあったり…。
さらには体型によるシルエットの出かたの違いまで検証してあります。

確かに、一口にタックスカートと言っても様々なバリエーションがありますもんね。しかも、一つ一つ実際の布でサンプルを作って写真で載せてあり、製図のスカートが実際の布でどんな風になるのか一目瞭然なんです。

もちろんタックスカートだけでなく、タイトSK、台形SK、フレアSK、ギャザーSK、プリーツSK、マーメイドSK、ヨークSK、、、スカートのバリエーションが網羅されているのでは。

ねらった形を作るための方法や根拠も説明されているので、自分でアレンジすることも可能になります。

私も、まるやま先生の授業を受けさせていただいたり、作品の採点をして頂いたりとお世話になりました。
だからという訳ではありませんが、おすすめの一冊です。

ブログランキングに参加しています。クリックしていただけるとありがたいです。

人気ブログランキングへ

テーマ:ハンドメイド - ジャンル:ライフ

 » »